スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
疲れた・・・。
トロント時間6月1日午後10時無事ステイ先に到着しました☆


トロントは遠かった・・・。いろんな意味で・・・。

つらつら書きますので、お暇ならどうぞ♪




家から関空まではバスで行く予定だったので、
タクシーでバス乗り場まで行きました。
予約をしてあったし、当日乗車券を買えばあとはバスの中で
寝ていられる~と思った矢先。。。


乗車券の販売機に
”高速道路工事中のため、3時間以上かかります”の張り紙発見。
あの、今12時なんですけど?
空港に2時半には着かないといけないんですけど?
っていうか、予約してて電話番号わかってるんだから
せめて連絡してこい!!

と少々怒りつつも乗り場の中国人らしいアルバイトのおじさんがいい人だったので、怒りをぶつけることなくルート変更。
JRで行くことに。


ところが、バス乗り場から関空行きの電車のホームがまた遠い。
普通に荷物を持たずに歩いても、多分10分はかかる距離。
そこをスーツケースを転がし、12kgのボストンバッグを肩に掛け、
さらにパソコンが入ったキャリーケースを持って歩くこと30分。

汗はだらだら出てくるし、多分顔も真っ赤だったことでしょう。
あぁ、恥ずかしい・・・。
階段でスーツケースと格闘していたら、おじいちゃん(どう考えてもおじいちゃん)が助けてくれて、なんだかうれしいような悲しいような気持ちになりました・・・。


そんなこんなでどうにか関空に着き、荷物を預けたら、
今度は”エコノミークラスが満席なので、調整中です。
搭乗口で名前を呼ぶので、行って待っててください”とのこと。

とりあえず搭乗口へ行こうと手荷物検査へ行くと、
パソコンはかばんから出してくださいとの指示。
パソコンを入れたキャリーケース、パソコン以外にも色んなモノが芸術的なまでの緻密さつまってますよ、検査官さん。。。
仕方がないので、全部出しましたとも。

ちなみに同じ悲劇がバンクーバーでも起こったのでした。
これから来るみなさん、パソコンは取り出しやすい場所に!(って知らなかったのは私だけ??)


飛行機の席、結局調整できませんでしたとか言われて乗れなかったらどうしようかと不安でしたが、無事ビジネスクラスに振替になりました。
座席や足元があまりに広くて、逆に落ち着かない。
食事もちゃんと食器で出てくるし、こんな贅沢していいのか?と思いつつも、一生に一度の経験かもってことで。
バンクーバーまでかなり楽させてもらいました♪


そして、バンクーバーにて最後の悲劇(大袈裟・・・)
観光ビザの私はすんなり入国できるはずが、
どこでどう間違えたのか、イミグレーションへ行けとの指示。
もしや強制送還か??と冷や汗が出る思いをしました。

結局、学校はどこ?住むところは?お金はいくら持ってきた?
カナダに来るのは初めて?など普通なら入国審査で聞かれそうなことをきかれて、無事6ヶ月間の観光ビザゲット。
何だったのか・・・?

おかげさまでトロントへの乗り継ぎ便にも間に合わず、次の便に振り替えてもらうはめに。
エアカナダのカウンターに日本人の人がいて助かりました。

どうにかトロントについて、迎えに来てくれたエージェントの方に会えたときには本気で涙が出そうでした。


なんだか色々ありましたが、とりあえずトロントで生きていける
変な自信はつきました。
よかったよかった(のか?)




スポンサーサイト
【2006/06/03 10:30 】 | 旅日記 | コメント(2) | page top↑
<<英語!英語!英語! | ホーム | いよいよ!>>
コメント

長旅お疲れさま!色々あったみたいだけど無事に到着できて何よりです☆
ビジネスクラスはラッキーだったね。

もう学校始まるのかな?頑張ってね♪

【2006/06/05 23:42】| URL | Niho #-[ 編集] |

Nihoさん>ほんとに何とか辿り着けました・・・。
Nihoさんのときは何もありませんように。
今日から学校も始まりましたよ~。
【2006/06/06 11:05】| URL | aiko #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。